商事部

オートリース

オートリースのしくみ

オートリースとは、リース会社がお客様との契約に基づいて、お客様が希望するクルマを代わりに購入し、一定期間・一定料金で賃貸するシステムです。
リース期間中、お客様には一定料金を月々お支払いいただくことで、一時的な高額出費を負担することはありません。 そのうえ、オートリースにはさまざまなメリットも用意しております。

メンテナンスリースとは?

メンテナンスリース採用のメリット

1. 車両経費の節減

リース会社の大量一括購入によるスケールメリットにより、車両の購入やエンジンオイル・タイヤ・バッテリー・車検などメンテナンスに必要な部品など、車両維持にかかわる経費の大幅な節減が図れます。

2. 車両管理業務の軽減

車両の購入・処分、車検、修理の手配、各種税金の納付、事故発生時の対応、資産台帳の作成、償却手続など、所有のために生じる煩雑な付帯業務から解放され、生産性の向上につながります。

3. 資金の有効活用

車両代・税金・保険料など、購入にともなう多額の資金が不要になり、その費用が運用資金として有効活用できます。また、リース料は経費として認められ、損金処理ができるため、借入金枠はそのままで財務比率が向上します。

4. 合理的な経営計画

リース料は、契約期間中一定額のお支払いになるため、資金需要の変動がなく、支払い計画の立案が容易に行えます。また、車両コストが明確になり原価意識の向上につながります。

リース導入の方法

お客様のご希望と実情に柔軟に対応できる、リースバック方式と順次入替方式という2通りのオートリース導入方法があります。

  1. リースバック方式

    現在お客様が所有されている全車両を当社が帳簿価格で購入。そして車両1台ごとの使用年数に応じたリース期間を設定して、そのままリース車としてご利用いただく方式です。

    メリット:
    全車両がリース車となるわけですから、リース車両と保有車の混在が避けられ、管理業務が一挙に軽減されます。
    また、帳簿価格での売却となりますので、売却損益は一切発生しません。

  2. 順次入替方式

    現在ご使用中のクルマはそのままご利用いただき、買い替え、あるいは増車のつど、順次リースに切り替えていただく方式です。

スケジュール点検について

安全性の向上

走行距離に応じた点検サイクルに基づくスケジュール点検により、常に安全な状態で車両をご使用いただけます。

メンテナンスコストのムダを省く

スケジュール点検整備の実施により、故障を未然に防ぎ、トラブル箇所が悪化する前に修理を行います。そのために定期的に整備していない車両に比べ、ムダなメンテナンスコストが発生しません。

営業効率のアップ

巡回サービスや引取・納車サービスを実施いたしますので、営業マンが修理工場へ車両を持込ことがなくなります。本来の営業活動に専念していただけ、営業効率のアップにつながります。

スケジュール点検の内容

運転席での点検項目

  • ブレーキペダルの遊び、踏みしろ
  • クラッチペダルの遊び、切れ具合、滑り
  • パーキングブレーキの引きしろ
  • ハンドルの遊び
  • ウインカーの作動
  • 各計器類の作動
  • ワイパーの作動
  • ルームランプの作動
  • エアコンの効き具合

車両の外周からの点検項目

  • バックミラーの状態
  • ワイパーブレードの損傷・タイヤの磨耗、損傷
  • エンジンオイルの漏れの有無
  • ミッション、ディファレンシャルオイル漏れの有無
  • ランプ類の作動
  • レンズの破損

エンジンルーム内の点検項目

  • バッテリー液残量、ブレーキオイルの量
  • 冷却水の残量、汚れ具合 ・ラジエータホース
  • ATミッションオイル量
  • パワーステアリングオイル量
  • ベルト類の張り具合、劣化、損傷
  • アイドリングの状態
  • ヒーターホースの劣化、損傷
  • ウインドウオッシャー液の残量

メンテナンス料金に含まれるもの、含まれないもの

含まれるもの

  1. スケジュール点検

    走行実態に合わせた予防整備

  2. 法廷点検

    道路運送車両法第48条で定める6ヶ月・12ヶ月点検

  3. 継続車検

    道路運送車両法第48条で定める整備、部品の交換、代行手続き一切

  4. 一般整備

    試用期間中発生する故障整備(下記参照)

    • エンジン関係…調整修理、オーバーホールなど
    • 動力伝達装置…クラッチ、ミッション、デファレンシャル、ドライプシャフトなど
    • 電装関係…ディストリビューター、セルモーター、オルタネーター
    • かじ取り装置…ステアリング、ギアボックス、ロッドアームなど
    • 制動装置…ブレーキ、サイドブレーキなど
    • 計器類…メーター、ウインカー、ワイパーなど
    • その他…エアコン、ヒーターなど

含まれないもの

  1. 燃料、洗車
  2. 特別装備品の修理 カーステレオ、自動車電話、無線、パワーゲート、冷凍機、クレーンなど
  3. ウインドウオッシャー液 スケジュール点検時に、不足していれば補充します
  4. 外装部修理 塗装、架装、腐食による修理など
  5. 事故修理 事故による修理、ミラー、アンテナ、モール、ランプ類の破損修理など
  6. その他
    • 納車後別途架装した機器、装備
    • 運転者の故意による破損修理
    • プロパンガス車等の法定タンク検査
    • 火災、水害、天災などによる修理
  7. 特約条項

    下記項目は車両毎に特約契約が可能です

    • タイヤ
    • バッテリー
    • パンク修理
    • JAF

四電ビジネス株式会社
Copyright© Yonden Business Co.,Inc.